MENU

格安SIMで提供されているサービスの違いを知って選ぶ

安価に利用ができる格安SIMを探しているならば、通信のみが使えるタイプがおすすめです。
一番シンプルな種類となり、LTEにはほとんどが対応しています。
転送量は上限が決まっているので、注意しましょう。
容量は1日あたりで決まっている場合や1ヶ月あたりなど、会社によって違いがあります。
スマートフォンを通信だけで使う場合やタブレットを利用するならば、音声サービスがないため月額料金も安い通信のみのタイプを選びましょう。

 

次に、音声回線が利用できるタイプは大手のキャリアと同じように携帯電話の番号を発着信したりSMSの送受信が可能になっています。
料金の差はMVNOの業者によって違いがありますが、通信のみと比べると少し高くなります。
これまで使っていた電話番号を移行できるナンバーポータビリティも、利用可能です。
このようなプランの場合は、不正利用を防止するためにSIMの郵送などで本人確認を行う必要があります。
スマートフォン1台で通信と電話を行いたい場合は、検討してみましょう。

 

電話アプリなどが端末に初めから入っているので、すぐに電話を利用することができます。
最後に電話の発着信ができるIP電話のサービスがセットのタイプがあります。
スマートフォンにアプリをインストールして使う必要があり、国内で利用されている主要な端末で使うことができます。
この他、公衆のWiFiサービスが付いているタイプもあり、パケット通信料をなるべく抑えたい場合にぴったりです。
上手く使うことで通話料と基本料を低く抑えられます。

 

自分が使っている番号を電話の相手に通知することができたり、留守番電話のサービスも用意されています。
割り当てられる番号は050から始めるものです。このように一言で格安SIMといってもいろいろな種類があります。
自分にあったサービスを選びたいならば、このような違いを知って格安SIMをどうやって使っていきたいかよく考えみましょう。